力必達

太田房江です。

国鉄マンの父の長女として 広島県呉市で生まれる。
愛知県豊橋市の中学・高校を卒業。
大学・経済産業省(25年)時代を東京・大阪で過ごし
経産省在籍中、岡山県副知事に出向。
2000年から大阪府知事を8年務める(全国初の女性知事)。  

経済産業省出身 経済政策、消費者政策、中小企業政策、エネルギー政策に精通!

元大阪府知事 地方の元気、地方分権を実現!

国土交通政策に尽力 国鉄マンの父に倣い、交通インフラ整備に全力投球!

医療・福祉・介護・子育て 福祉は地方自治の原点、世界に類をみない超少子高齢化社会のモデル作りを!

第3次安倍改造内閣

参議院所属委員会

自由民主党

経歴・学歴

広島県出身、愛知県立時習館高等学校卒業

1975年

東京大学経済学部卒業
通商産業省(現経済産業省)入省
  住宅産業課長
  近畿通商産業局総務企画部長
  消費経済課長

1997年

岡山県副知事

1999年

通商産業省大臣官房審議官

2000年〜2008年

大阪府知事(全国初の女性知事)

2008年6月〜2011年6月

2010年4月〜2011年6月

エア・ウォーター且謦役

潟Gア・ウォーター農園代表取締役

2013年

参議院議員として初当選

2015年10月

厚生労働大臣政務官に就任

2017年8月

自由民主党 女性局長に就任

PAGE TOP