「ふさえ式」9つの提案 大阪まるごと万博の元気を!

「ふさえ式」9つの提案 大阪まるごと万博の元気を!

賑わいをふやす
  • 中小企業のまち・大阪の生産性向上、事業承継円滑化
  • インバウンド(外国人観光客)のさらなる拡大
  • まちの耐震・強靭化、北陸新幹線を関空へ、リニア中央新幹線

現在好調の外国人観光客のさらなる拡大。中小企業庁誘致や中小企業施策の積極導入により、中小企業の生産性向上を加速します。
昭和期に作った道路や橋など、古くなった施設の保守・改修や耐震化、北陸新幹線の関空までの延伸、リニア中央新幹線の早期開業(前倒し)など、インフラ整備にも力を入れます。

家族をささえる
  • 日本人版「ネウボラ」導入で子供と親を支える切れ目のない子育て支援
  • 人生100年時代、地域の見守る力をアップ!
  • 女性の多様な働き方、女性活躍推進を後押しする改革

母の介護で実感した、子育てや介護施策における行政の「縦割り」を改革。この中で、妊娠中から就学前まで自治体が子育てを支援する、フィンランドの「ネウボラ」のような切れ目のない子育て支援施策を推進します。

未来をえがく
  • 大阪・関西万博の効果をより広く、より永く
  • 健康未来都市「大阪モデル」の確立
  • 地域や職場、みんなで備える防災力の強化

東京の後追いでない大阪の強みは何か。 斬新な発想を持つ企業がのびのびと活躍した歴史に学び、AIやloTといった先端技術を駆使して、健康医療など新時代の産業拠点をつくります。
大阪らしい人情と絆をいかし、災害時に支え合う仕組みをつくり、防災力を強化します。

知事時代の実績

  • 知事として2007年8月 関西国際空港第2滑走路を完成。インバウンド増加の起爆剤となるとともに、2018年9月の台風災害からの早期復旧にもつながった。
  • シャープ堺工場誘致をはじめとする、1兆円を超える企業誘致や新名神などのインフラ整備に注力し、時代の大阪を築く基盤を作った。
関西国際空港第2滑走路完成時

国会議員としての実績

大阪の発展

各国への働きかけ等を強力に行い、2025年大阪万博招致を実現。

女性活躍推進

自民党女性局長として「女性未来塾」、「いどばたキャラバン」を立ち上げ。

中小企業の生産性向上

中小・小規模事業者の税負担を大きく軽減。

防災・減災

地元燃料販売事業者が緊急時に燃料供給を実行する「地域災害協定」を全国の自治体で実現。

インフラ整備

リニア中央新幹線の8年前倒し、北陸新幹線のルート決定。

厚生労働大臣政務官

食品ロスの削減、健康寿命の延伸、年金改革、働き方改革、外国人材の活用、など

女性未来塾 みのもんたさん司会の番組で政策を解説
地域ガソリンスタンドを守る!
台風被災直後の関空連絡橋視察で防災の重要性を再認識